なんらかの事情

 

なんらかの事情 (ちくま文庫)

なんらかの事情 (ちくま文庫)

 

 

役に立たないものが不要なものなら、まず私は真っ先に自分を捨ててしまわなければならなくなるから。

 エッセイだと思ってたら突然別世界にトリップしたりする変な本なのになぜか共感してしまう。「役に立たない≠不要」っていう考え方が多分しっくりくるのだと思う。でないとおそらく私も私を捨てなきゃいけない。