永い言い訳

永い言い訳 [DVD]


監督 西川美和

本木雅弘

竹原ピストル

深津絵里

 

 主人公の人間としてだめな部分をさらけ出した状態から映画が始まり、嫌悪感と同時に共感を抱く。幸夫と一緒に後悔すらできない自分に後悔し、現実逃避し、亡き者に許してくれと願い、出口が見えないまま生活は続いていく。

 子供の面倒をみるという幸せを手に入れても、それは妻への後悔と表裏一体だし、人間は綺麗事だけで生きているわけではない。陽一のまっすぐさが羨ましくも妬ましくも思えてしまうのにも共感してしまう。

 けれど、嘘とか裏切りとか悪いことだけで生きていけるわけでもない人間の複雑さ、それに悩み救われる姿が素晴らしい映画だった。

 西川監督が黒木華のことを「シャツのボタンを一番上まで閉じた色っぽさ」って言い表していてとても納得。